出会い系サイトを利用するうえで注意することをまとめています。

悪徳業者に注意しよう

全ての出会い系サイトではありませんが、中には悪質な業者が会員の中に存在しているので注意しましょう。

有料サイトと無料サイトを比較した場合、無料サイトの方が比較的悪質な業者が紛れ込んでいることが多いようです。
悪質な業者の手口は様々なものがありますが、単純なものから複雑なものまであり一見しただけでは業者と区別がつかない場合もあります。

こういった業者に最もよく見られる例は、性的な関係をチラつかせて男性を誘うケースです。
男性からすると、非常に魅力的と感じる誘い文句が並べられていたり、目を見張るような写真が添付されていたりするのですが、このような場合には業者の可能性が高くなりますので、軽はずみにメールをやり取りしないようにするべきですね。

また、他サイトへのクリックや会員登録をお願いしてくる場合もあります。
具体的には、新規の出会い系サイトやブログのランキングなど様々な場合がありますが、ほとんどが実際に活動していないダミーのサイトで、多くの人の個人情報を得ることが目的になっていることが多いので、軽はずみに個人情報をもらしてしまうようなことがないように注意したいものです。
この個人情報が業者に渡ってしまうと広告メールや身に覚えのない架空請求のメールが送られてくるなど、わずらわしい思いをすることになってしまいます。

出会い系サイトを利用したことがある人は、業者がいることを頭に入れながら利用している人が多いと思うので問題ないのかもしれませんが、初心者の方はこういった悪質な業者が女性になりすましているという可能性も考慮して行動するようにしましょう。
サクラを使った人海戦術を用いて巧みに誘導してくる業者も存在するので、ちょっとでも怪しいと思ったら連絡するのをやめるなど対策を講じた方が良い場合もあります。

出会い系サイトと悪質な業者は残念ながら切っても切れない関係です。
利用者側がしっかりとした知識を持って行動しなければ被害にあってしまう可能性がありますので、時には自重することも必要です。
業者を見極め、正しい利用法をすることで思わぬ罠に落ちてしまわぬよう気を付けて利用しましょう。
 

悪質なサイトの実態

出会い系とサクラは切っても切れない関係、決して良い意味でなく悪い意味での事です。

サイト開設時に会員はまだまだ少なく、利用者が異性とのやりとりをしようとしてもなかなか仲間が見つからないの実情でそんな時に登場したのがサクラです。
利用者のフリをしてやりとりを行う事でサイトが賑わっているように見せる存在でした。
ですから、出会いは絶対にムリだったのです。
それが発展し、利用者に有料サービスを利用させる為のサクラも登場し、これがうまく行くと運営側が味を占めサクラ異性はサクラしかいない非常に悪質なサイトを作ったりしました。

真面目に運営している出会い系サイトにはいい迷惑なのです。
出会い系サイト全体の評判を落とすし、自分達のサイトにもサクラがいるのではないかと疑心暗鬼にかられた利用者がだんだんと遠ざかるからです。
サクラに輪を掛けたのが業者といわれる存在で、他社が運営しているサイトに会員として潜りこみ、有料サイトや悪質サイトに勧誘を行うのです。
潜り込まれた方のサイトはいい迷惑どころの話ではありません。
利用者には迷惑はかかるしサイトには悪評が立つで、まさに百害あって一利なしです。

サクラを使っているサイトはネットで検索すれば情報が相当数でてくるので、事前に身を守る事は可能ですが業者はそうはいきません。
優良といわれるサイトほどライバルの評判を落とす為と自分達の利益の為に現れるので非常に面倒です。
確実に身を守る方法は勧誘や誘惑にはのらない事、これしかないですが確実に被害は防げますから魅力的な誘いや内容であっても注意しましょう。

架空請求の対処法

出会い系を利用すれば必ず一度は経験するとも言われている架空請求。
多くの人はまったく無視することで対処していますが、中には請求されてしまうまま支払うケースもあります。
人の弱みに付け込んで法外な請求をしてくるケースが多く、またしつこく迫ってくる悪質な業者もあるため、きちんとした対処法が求められます。

出会い系の架空請求の問題を受け、警視庁や消費者センターでは具体的な対処法についての説明も行われています。
まず一切無視する。
ほとんどの架空請求はいわば「ダメもと」で行われており、登録された利用者に片っ端からメールを送りつけるケースとなっています。
それに反応した人に対して本腰を入れて請求を迫るわけです。
ですから、無視・放置するのが1番の方法となります。

しつこくメールや葉書で催促が来た場合、それを証拠として残しておくことも重要な対処法です。
もし、訴訟問題にまで事態が進展した場合には有力な証拠として役立てることができます。
そこまでいかなくても警察に相談する際の手がかりとなるでしょう。

また、電話で直接催促を行うケースもあります。
その場合には断固とした態度で断るようにしましょう。
こちらが強気に出れば相手も面倒だと判断してあきらめるケースが多いのです。
性格的な理由で強気に出るのが難しい、という人はかかってくるたびに無言で切るだけでも効果的です。
相手も割りに合わないと判断するようになるでしょう。

それでもしつこく迫ってきた場合には、警察や消費者センターに連絡しましょう。
こちらに落ち度は一切ないわけですから、断固とした態度で接するのが1番です。
こちらが相手を追い詰めるくらいの心構えで臨みましょう。

売春防止法

「売春防止法」は売春の防止を図ることを目的とする法律です。
「売春」とは金銭等を受けと取ったり、受けることを約束したりした上で不特定の相手と性交を行うことをいいます。
「売春防止法」はそういった環境にある、もしくは行為をする可能性のある女子を保護、補導し更正させるためのものなのです。
処罰される対象には、「公衆の目に触れる方法による売春の勧誘」という項目があります。

つまり、出会い系サイトの掲示板上に金銭目的で性交渉の相手を募集すると、この罰則に当てはまります。
この場合、処罰対象になりますので6ヶ月以下の懲役又は1万円以下の罰金に処せられます。
出会い系サイトとは男性と女性の出会いのきっかけとなり、その後の事は当人同士のモラルや責任に任せられる部分があります。
その特性上から、様々な法律に関わってきます。

真面目な出会いを求める人達にはもしかしたら、思いつかないようなことかもしれません。
しかし、出会い系サイトを利用する人の大半が性交渉を目的としています。
そういう人達は十分に法律を把握していないと場合によっては厳重に処罰されてしまうのです。
もし、出会い系サイトで出会った相手とその後性的な関係に発展し、それに伴う金銭提供が発生した場合は処罰対象とはなりません。

しかし、メールやチャットのやり取りの中で金銭等を受け取ることを約束させた上での性交渉は、出会い系サイトの利用規約に違反する場合があります。
出会い系サイト側としても風俗営業法に従って営業していますので、そういうメールが発見された場合は利用者に警告をします。
自分の行動が法律に違反しないように気をつけましょう。