出会い系サイトに潜むサクラについてまとめています。

サクラとは

出会い系サイトの女性会員さんの中には「サクラ」というニックネームを使っている人もいるので、ちょっとびっくりしてしまいますが、そういった会員さんのことを言っているわけではありません。

出会い系サイトのいるサクラというのは「出会い以外の目的で会員のふりをしている人」です。

出会い系サイトには営利目的で会員のふりをし、相手をだますサクラがいます。
一般的なサクラといえば普通の会員のふりをして相手にメールを送り、魅力的なメールでメールを繰り返させて出会い系サイトに入る利益を上げるサクラです。

普通の会員のふりをしてメールをするサクラもいますが、有名人のふりをしてメールをするというサクラもいます。
有名人だからこそ出会い系サイトでしか悩みが打ち明けられないのかもしれないと思って、メールの相手をする人が騙されています。

出会い系サイトに登録していない人にそういった有名人からのお誘いメールが入り、出会い系サイトに誘います。
そして、登録したらメールのやり取りが始まりますが、相手は偽物の有名人、つまり一般人のサクラです。

メール目的のサクラのほかにも偽会員といえる人もいます。
それが風俗関係を生業としている人や援助交際を目的としている人でしょう。
そういう人を探すために出会い系サイトに登録している人から見れば偽会員とは言えないかもしれませんが、普通の人との出会いを目的として利用している人から見ると立派な偽会員です。
 

ポイント制出会い系サイトのサクラ

サクラだらけの楽園と呼ばれるポイント制の出会い系サイトですが、ポイント還元が目的でメールをする人はポイント制ではなくてもいるので、ポイント制だからメール目的の会員が多いということはないと思います。
しかし、サクラを使ったら簡単に利益が上がるのはポイント制の出会い系サイトなので、サクラを使っている出会い系サイトもあるでしょう。

ポイント制の出会い系サイトでは、メールを送るときにポイントが必要なところが多いのですが、送られてきたメールの確認をするためにもポイントが必要な出会い系サイトもあります。
送信時にしかポイントを取らない出会い系サイトのサクラは返信をして、またメールを送ってもらわないと利益が出ないので比較的、サクラがメール内容に工夫、努力をしています。
ですから、メールのやり取りをするなら送信時だけに料金が発生する出会い系サイトのサクラとの方が楽しいでしょう。

見るだけでも料金が取られるところならば送り続けていけばいいだけなので、内容のないメール内容の時もあるようです。
どうでもよいメールを送ってくるのでサクラとしては仕事が緩いといえます。

ポイントがなくなりそうになった時にだけメールをしてくるようなサクラもいます。
メールのやり取りをするためにポイントを買ったのに、その後メールが来なくなればサクラと見ていいでしょう。
それを繰り返してくるサクラも仕事熱心とは言えません。

ですが、メールの楽しいサクラとやり取りができたところで、相手はサクラなのですから楽しければ楽しいほど虚しいかもしれませんね。

定額制出会い系サイトのサクラ

ポイント制の出会い系サイトにはサクラが多いけれど、定額制の出会い系サイトにはサクラがいないと良く言われます。
確かに定額制の出会い系サイトでは、メールのやり取りで出会い系サイト側が利益を得ることはありません。
そのため、メール交換をするサクラがいるとは思わないかもしれませんね。

しかし、定額制の出会い系サイトでも女性側に親切な出会い系サイトでは、男性会員にメールをするとポイントが貯まるようになっていたりします。
それも本格的に利用していない男性会員や18歳以上の確認をしていない男性会員に女性側からメールを送って、その人が18歳以上の確認をして利用しだしたら、サービスポイントがもらえるという特典などもあります。
特典が目的でメールを送るのは禁止になっていますが、特的目的でメールを送る女性がいるのも確かです。

定額制の出会い系サイトでも会員数が少ない出会い系サイトなどには、サクラのような会員がいるということを聞いたことがあります。
本当かどうかは分かりませんが、リアルタイムで利用しているだろう会員が検索できない場合などがあるそうです。
そういったときにはサクラの可能性もあります。

しかし、会費制の出会い系サイトは、サクラを置かなくとも出会い系サイトが利益を得られる料金設定ですのでサクラを置く必要性は低いでしょうね。
有名な会費制出会い系サイト、会員がいる会費制出会い系サイトにはサクラはいない確率は高いと思われます。
 

無料出会い系サイトのサクラ

無料の出会い系サイトにはサクラがいないことは多いようです。
しかし、サクラはいないかもしれませんが幽霊会員などは多いかもしれません。
幽霊会員、つまり利用していないのに会員としての登録だけがあるという会員ですね。

無料の出会い系サイトは、無料ですから登録していても害にはならないということがあります。
今は利用していないけれど、また利用するかもしれないと考えて退会していないだけの人もいるでしょうし、退会し忘れているような人もいるかも知れません。
そういった会員も出会い系サイトのメンバーに数えられるので会員数は多いということもあります。
ですが利用していないのですから、メールの返信も会える確率もないですよね。

無料の出会い系サイトには有料の出会い系サイトから来るサクラもいます。
有料の出会い系サイトを利用してもらうために無料の出会い系サイトを運営しているのですから、有料の出会い系サイトを利用させようとするのは普通のことかもしれません。
しかし、そのやり方が巧妙で無料で利用しているつもりになっている会員が、料金請求をされて驚くような出会い系サイトは問題があるといえます。

有料の出会い系サイトを利用すれば、その人とメールのやり取りができると思って有料の方に移る人もいるでしょう。
移ったらその人と連絡が取れなくなったり、その人のプロフィール自体が検索しても見つけられないということもあります。
そういった出会い系サイトも問題があると思います。

成功型サイトのサクラ

サクラはポイント制の出会い系サイトに多いといわれていますが、成功型もポイント制と同様にサクラを置いたら利益が上げられるでしょうから、サクラがいないとは言えません。

ポイント制の出会い系サイトはメール交換をさせるサクラを置いていますが、成功型の出会い系サイトは「アドレス交換をさせるサクラ」を置いています。
サクラには個人的に連絡できるアドレスを交換するというリスクがあるといえますが、それが偽物のアドレスならリスクなしです。
わざとアドレスだけが文字として読めないようなシステムを導入している出会い系サイトもあるようです。

つまり、サクラと知らずにアドレスを交換して、料金を支払っても相手とは連絡が取れないということになります。
そして、会えないという点は他の出会い系サイトにいるサクラと同じです。

出会い系サイトでは、女性側は簡単にアドレスを交換することはありません。
交換する人は何か別の目的がある場合も多いのです。
ですから、成功型を利用したらすぐに女性側からアドレス交換をしたがっているように見えた場合、サクラの可能性が否定できません。
しかし、女性側からアドレス交換を持ち掛けることはないでしょう。

成功型はアドレス交換を持ち掛けたほうが料金を支払うことになります。
つまり他の出会い系サイトとは違い、男性側だけに料金が発生するということがないのです。
それもあって成功型の出会い系サイトには男性会員のサクラもいるのではないでしょうか。